クラフトビール、地ビールの検索、レビュー、ランキングサイト

シェッファーホッファー ヘーフェヴァイツェン
SCHOFFERHOFER HEFEWEIZEN

このビールのレビューを登録する

シェッファーホッファー ヘーフェヴァイツェン

  • シェッファーホッファー ヘーフェヴァイツェン

評価 0

見た目
0
香り
0
0
のどごし
0
総合
0

0件のレビュー

飲みたい!

0

飲んだ!

1

スタイル ヴァイツェン・ヴァイス(エール) ABV(アルコール度数) 5%
IBU(国際苦味単位) 醸造所 BINDING BRAUREI

原産国:ドイツ

Schöfferhofer(シェッファーホッファー)という名前からは、活字印刷の発明家として知られるマインツ(Mainz)の「ヨハネス・グーテンベルク (Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg)」との歴史が読み取れます。マインツはフランクフルトから車で南西に1時間ほどの町。グーテンベルクはここで生まれ、活版印刷を発明し、企業化しました。そしてグーテンベルグの活字印刷の発明に大きな役割を果たしたのは、彼の弟子であり協力者であった「ペーター・シェッファー (Peter Schöffer)」です。グーテンベルグの印刷所は、紆余曲折の後にシェッファーが経営することになります。
 シェッファーはマインツの大聖堂近隣に有名な家を構え、その家はSchöffer邸(Schöfferhof)として知られました。そして、小さなビール醸造所がこの屋敷内に建てられ、マインツの住民たちがそのビールを、Schöffer邸で作られたビール「Schöfferhofer」と名づけたのです。Peter Schöfferからの歴史は、Peter Schöffer von Gernsheimの文字に囲まれたラベルの肖像に見出すことが出来ます。

 このようにSchöfferhofer Weizenbierは、伝統的な醸造所が1978年に市場に投入した新しいビールですが、オーストラリア国際ビール賞(Australian International Beer Award) 2001において、グランドチャンピオンとなった他、いくつものコンクールで成功を収めています。
 ヴァイスビールというと一般に酸味が強く、重たい味という印象を持たれます。しかしドイツでも近年爽やかで香り豊かな味わいのビールに人気が集まる様になり、Schöfferhofer HEFEWEIZENはこのような嗜好にあうヴァイスビールとして醸造されています。爽やかな香りと酸味、適度な重み、喉を伝わる心地よさ。どんな食事にもマッチする味。きっとヴァイスビールの印象が大きく変わることでしょう。

 現在フランクフルトで作られるSchöfferhofer Weizenbierは、ヴァイスビールをバイエルンだけの物から全国的なビールに発展させました。ドイツ全土で一年を通じて飲まれ、ヴァイスビールではヘッセン州(フランクフルトのある州)でトップ、全国でも第4位のシェアを持つビールなのです。
(輸入元: 有限会社イエナより)

このページの掲載内容を変更する場合は、「編集申請フォーム」よりお願いいたします。

レビュー一覧

現在レビューはありません。

レビューを登録する

ビールのレビューを登録してください。
レビューの付け方についてはこちら!

ログインをするとレビューを投稿するフォームが表示されます。

ログイン 新規登録

beer365 magazine

人気のビールをチェック!ビールランキング

キーワードでビール・醸造所を検索!

飲んでみよう!
beer365 本日のビール

beer365に掲載されているクラフトビールを制覇しよう!このビールを見かけたら一度飲んでみて!

アサヒ アクアゼロ

3種のミネラル仕込みの飲みごたえが特長の糖質ゼロ新ジャンル。(食物繊維入り)※栄養表示基準に基づき、糖質0.5g(100...

beer365 コラム

beer365magazine(ビアサンロクゴマガジン)について

beer365magazine(ビアサンロクゴマガジン)について

「beer365」は、ビールの情報発信を通して、日本のビール文化のさらなる発展と向上を目指すウェブサイトです。...