クラフトビール、地ビールの検索、レビュー、ランキングサイト

グランド キリン ギャラクシー ホップ
GRAND KIRIN GALAXY HOP

このビールのレビューを登録する

グランド キリン ギャラクシー ホップ

  • グランド キリン ギャラクシー ホップ

評価 1.63 | 385位

見た目
2.5
香り
2.5
2
のどごし
3
総合
2.5

1件のレビュー

飲みたい!

2

飲んだ!

5

スタイル IPA・インディアペール(エール) ABV(アルコール度数) 4.5%
IBU(国際苦味単位) 醸造所 キリン株式会社(東京都)

原産国:日本

パッションフルーツを思わせる希少な“ギャラクシーホップ”を
「ディップホップ」し、銀河系に輝く、溢れんばかりの星々のような華やかな香りと、流星のようにスッと消えていく苦みを実現。小麦麦芽の軽やかな口あたりで、夏の夜風と共に、爽やかな時間をもたらす一本。
(オフィシャルサイトより)

このページの掲載内容を変更する場合は、「編集申請フォーム」よりお願いいたします。

レビュー一覧

評価 2.33

見た目
2.5
香り
2.5
2
のどごし
3
総合
2.5
  • 本日発売ということで、ネーミングからしてかなり楽しみにしていました。
ギャラクシーホップを使用した、セッションIPAがキリンから発売。

見た目は、通常のピルスナーとあまり変わりません。金色で透明です。泡もかなりしっかりとあります。
香りは、オレンジの柑橘系と少々トロピカルなフルーツの香りがあります、ギャラクシーホップがうまく表現されています。モルトの香りも少々あり、これはパンというかトーストのようなほんのりとした甘さを感じるような香りです。
味は、ホップのフルーティーさが少々あり、蜂蜜というと大げさですが、ほんの少しのモルトの甘さがあります。
喉越しは非常に軽く、すっきりとした感じなので、飲みやすいと言えば非常に飲みやすいです。
いわゆる大手のピルスナー系のビールの味・喉越し・口当たりにトロピカルフルーツと柑橘の香りを追加した感じです。

一つ是非、皆さんに知っていただきたいのは、IPAという名前だけでこのビールを判断しないようにしてください。これは「セッションIPA」です。最近よく「セッション」とつくビールがありますが、簡単な説明をすると飲みやすいという意味です。アルコール度数を下げ、甘さも控えめ、喉越しもスッキリとしたビールになります。セッションIPA、ポーター、スタウトなど「セッション」が名前についているビールその通常のスタイルと比べて、飲みやすくした物という感じです。
なので、IPAというと非常に強烈なホップの香りと苦味、さらには高いアルコール度数が特徴です。
ですが、今回のキリンは、「セッションIPA」です。
なので、いっぱい飲んでも飽きない、重くないというIPAを目指しているということです。

ただ、今回飲んだこのビールと他社の同じスタイルのビールを比較しても、ホップやモルトの味の表現がちょっとズレていると思います。
どちらかというとゴールデンエールと言われた方が納得がいきます。
このグランドキリンシリーズは、断トツで「Bittersweet」が美味しいです。

上記でも書いたようなちょっとフルーティーな香りがするピルスナー系のビールを想像していただくと、合う料理はいっぱいあると思います。フレンチドレッシングのサラダ、タルタルソースを使ったエビフライ、さらには白身魚のカルパッチョも合うと思います。
本日発売ということで、ネーミングからしてかなり楽しみにしていました。
ギャラクシーホップを使用した、セッションIPAがキリンから発売。

見た目は、通常のピルスナーとあまり変わりません。金色で透明です。泡もかなりしっかりとあります。
香りは、オレンジの柑橘系と少々トロピカルなフルーツの香りがあります、ギャラクシーホップがうまく表現されています。モルトの香りも少々あり、これはパンというかトーストのようなほんのりとした甘さを感じるような香りです。
味は、ホップのフルーティーさが少々あり、蜂蜜というと大げさですが、ほんの少しのモルトの甘さがあります。
喉越しは非常に軽く、すっきりとした感じなので、飲みやすいと言えば非常に飲みやすいです。
いわゆる大手のピルスナー系のビールの味・喉越し・口当たりにトロピカルフルーツと柑橘の香りを追加した感じです。

一つ是非、皆さんに知っていただきたいのは、IPAという名前だけでこのビールを判断しないようにしてください。これは「セッションIPA」です。最近よく「セッション」とつくビールがありますが、簡単な説明をすると飲みやすいという意味です。アルコール度数を下げ、甘さも控えめ、喉越しもスッキリとしたビールになります。セッションIPA、ポーター、スタウトなど「セッション」が名前についているビールその通常のスタイルと比べて、飲みやすくした物という感じです。
なので、IPAというと非常に強烈なホップの香りと苦味、さらには高いアルコール度数が特徴です。
ですが、今回のキリンは、「セッションIPA」です。
なので、いっぱい飲んでも飽きない、重くないというIPAを目指しているということです。

ただ、今回飲んだこのビールと他社の同じスタイルのビールを比較しても、ホップやモルトの味の表現がちょっとズレていると思います。
どちらかというとゴールデンエールと言われた方が納得がいきます。
このグランドキリンシリーズは、断トツで「Bittersweet」が美味しいです。

上記でも書いたようなちょっとフルーティーな香りがするピルスナー系のビールを想像していただくと、合う料理はいっぱいあると思います。フレンチドレッシングのサラダ、タルタルソースを使ったエビフライ、さらには白身魚のカルパッチョも合うと思います。
9人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

レビューを評価してください

このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

レビューを登録する

ビールのレビューを登録してください。
レビューの付け方についてはこちら!

ログインをするとレビューを投稿するフォームが表示されます。

ログイン 新規登録

beer365 magazine

人気のビールをチェック!ビールランキング

キーワードでビール・醸造所を検索!

飲んでみよう!
beer365 本日のビール

beer365に掲載されているクラフトビールを制覇しよう!このビールを見かけたら一度飲んでみて!

博多ドラフト ズィルバー

苦みを抑えた飲みやすさと、小麦本来のほのかな甘みが好まれています。

beer365 コラム

beer365magazine(ビアサンロクゴマガジン)について

beer365magazine(ビアサンロクゴマガジン)について

「beer365」は、ビールの情報発信を通して、日本のビール文化のさらなる発展と向上を目指すウェブサイトです。...