クラフトビール、地ビールの検索、レビュー、ランキングサイト

キーワード検索結果

271件中 31~60を表示しています。

123456789
住所 アメリカ合衆国 446 Kent Ave., Apt 14A, Brooklyn, New York,
TEL +1-347-526-8925
WEB 公式サイト
イーブル・ツイン・ブリューイングのイェッペ氏はデンマークにて知られる「ミッケラー」ブランドのミッケル氏の双子の兄弟であり、ミッケル氏に続いてデンマークを中心として醸造活動を開始しました。さらにデンマークでの醸造活動をアメリカ・ブルックリンに根拠を移し、現在は様々なアメリカの醸造所にて様々なビールの醸造を行っております。世界最大のビールレイティングサイトにて2013年に世界10位の醸造家としてランクインしております。
(輸入元: デリリウムカフェトーキョーより)
毎年、クリスマスの時期にあわせて造るビール。
カラメルモルトとシナモンのバランスのとれたフレーバーに、ほんのりホップの香りと苦味がアクセントのスパイスエールです。
(オフィシャルブログより)
アメリカンホップをベースに、欧州産ホップもドライホッピングに使用し苦味を強調しました。
甘やかな柑橘系の香りと、あとあじ”苦~~い”ペールエールです。
(オフィシャルブログより)
グラスに注ぐとピンクブラウン。ベリー系の色味からか、仄かに赤みがかった液体で、穏やかに細かい泡が弾けます。漂うアロマはまるでビールとは思えないフルーツ香。一口含むと、ブルーベリー農園の収穫祭のような大量のベリー!果肉入りイチゴジャムを頬張ったようなビッグスイートサワー。ラズベリーやブラックカラントを練り込んだムースのようで、そこに柚子ピールを削ったようなシトラスビターが柔らかく降り注ぎます。右の頬、左の頬、別々のベリーが炸裂し口の中が上を下への大騒ぎ!フィニッシュにかけて、ベリーの洪水を押しのけた末、ようやくホップのサワービターが押し寄せます。目の回る忙しさですがとても飲み易く、フルーツビール好きにはたまりません!
Holy Moose(聖なるヘラジカ)と名付けられた今回のIPAやいかに!?
(輸入元: 株式会社ウィスク・イーより)

評価 0

ランキング
-
スタイル
ABV
8%
社長のイメージが箕面ビールであり、箕面ビールが大下社長であると思っています。
それなら箕面ビールをイメージできるビールを造りたいと思いました。
色合いは社長が箕面ビールに情熱を燃やして注いだ赤色であると同時に、箕面のもみじをイメージしました。
インペリアルレッドエールはいろいろな要素が複雑に絡み合い、バランスが取れないとそのビールの良さが伝わりません。
モルトの甘みとカラメル風味、ホップの苦味や香り、イーストのフルーティさとアルコール感。
それは私が見てきて美味しく飲んでいる箕面ビールと同じで、社長をはじめ、ご家族、スタッフ、サポーターの全員の力で造り上げた至福の一杯と重なります。
だからこそインペリアルレッドエールを造ろうと考えました。
名称もクラフトビール界の偉大なる父である、大下社長のイメージで、「Big Daddy Imperial Red Ale」と名付けました。

最後にアロマホップを「英でも金、米でも金」の世界一になった箕面ビールなので、その国の代表品質、ケントゴールディングとカスケードを使用しました。

さらに今回はドライホップをしてみました。
(箕面ビール MASAJI BEER オフィシャルサイトより)

評価 0

このベルジャンエールは、淡色で透き通っています。
複雑な味わいと非常に滑らかな喉越しは、ビール単品でゆっくり楽しむこともできますが、料理と一緒に合わせることでさらに楽しむことができます。
-2015 NABA 銅賞
-2014 WABA 金賞
-2014 NABA 銀賞
-2012 US BEER OPEN 金賞
-2012 NABA 銀賞
ドリンカブルでエレガント、気品に満ちた女性の吐息のようなやさしい仕上がりのヴァイツェン。
このビールの最大の特徴は酵母。日本ではあまりヴァイツェンに使用しないBavarian Wheatを採用し、ヴァイツェン最大の特徴であるエステルとフェノール香をニュートラルで優しく、バランス良く仕上げました。ホップはトロピカルでシトラスなUSモザイクホップをシングルホップで使用し全体を華やかにまとめています。
ベアードのプラントマネジャー/ブルワーだった昇平は、香川県で自分の
ブルワリーを立ち上げるために、3月末にベアードを退職した。
そんな彼が、突然、8月の終わりに35歳という若さでこの世を
去ってしまった。
これは、僕たちの友人、同僚、そして本当の紳士的ブルワーだった昇平を
追悼するために造られたビール。
悲劇的な人生の中にも、美しさや喜び、そして優雅さもある。昇平はこのことを良く理解していたと思う。
彼の心の中にある美しさ、喜び、そして優雅さをこのビールに吹き込んで、
ニュアンスと謙虚な複雑さを持ったIPAに仕上げた。
昇平は、彼と出会った全ての人の心の中でこれからも生き続けるだろう。
(オフィシャルサイトより)

評価 0

このス タウトのスモーキーさは、ドイツ産のビーチウッドスモークモルトから由来しており、最初にその個 性的ながら嫌味のない味わいに気づく。そして、自家栽培のハバネロからくる熱さ(辛さ)がじわり と優しく追いかけてくる。両方とも余韻が残るようで、一瞬のようにも感じる。これは、とてもおい しいスタウトに仕上がっており、ベアードがユニークで個性的なビールを造る時のアプローチである “less is more” の真髄を現した典型的な例だ。
(オフィシャルサイトより)

評価 2.72

ランキング
100
スタイル
ABV
9%
この横柄なビールのコンセプトと名前は、元ホームブルワーで現ブルワリーオペレーションディレク ターのクリス・プール(Chris Poel)が考案したものだ。このビールは痛いほどホッピーで、危険な程強い。 ボディを重くせずアルコール度数だけを上げるために、国産の赤糖を多く使用している。煮沸時には 大胆なフレーバーの 5 種類のアメリカ産ホップを贅沢に投入し、同様に 5 種類を主発酵後ドライホッ プとしてその倍の量を惜しみなく投入した。充填時には、さらに複雑なフレーバーを追求し、いきい きとしてソフトな自然発泡性も促すため、クロイズンという伝統的な製法を用いた。
(オフィシャルサイトより)
このダークスカイは、スタウトの中で も暴れん坊の血を引く、ベアード冬の定番限定ビール。焙煎されたモルトのフレーバーと、刺激的なホッ プの個性が満ち溢れるこのスタウトは、寒い冬にしっかりと味わうのに完璧だ。心地よい丸さと満足 できるバランスの良さが安心感を与えるが、それは錯覚にすぎない。要注意!
(オフィシャルサイトより)
ベルギーのメッヘレンという街の人たちをマーネブリュッセル(月を消火する人)という愛称で呼びます。それは1687年1月27日に月が街にあるランボールド塔を照らした際、真っ赤な光を放った為、街の人々が火事と勘違いし、消火活動を始めたのが由来です。
この勇気ある行動を讃える為、醸造されたのが、このマーネブリュッセルビール。
シトラスとスパイスの香りが特徴的なビール。

評価 0

1980年にベルギーのリヴァブルワリーで醸造されているビールとして、初披露された。2009年ヘットアンケル醸造所がルシファーを醸造する権利を取得し現在に至る。
ルシファーは金色でクリーミーな泡が特徴。フルーティーな香りと少々の苦味があり、バランスがよい味わい深いビールである。
ボスクリはアルコール度が3.5%と低く、ベースのホワイト・ビールにストロベリー、ラズベリー、アップル、マンゴーの天然フルーツジュースを20%ブレンドした、フルーティーで爽やかな飲み心地のフルーツ・ビール。ホップはベルギー産のみを使用しています。「ボス」とは“森”を、「クリ」とはフランス語で、デザートなどに使うさらっとしたフルーツソースのこと。
(オフィシャルサイト: 小西酒造株式会社より)

評価 0

35年ほど醸造されることがなく、2002年に復活。深い琥珀色が特徴的でアルコールは10.5度。
毎年8月に醸造され、数ヶ月寝かされてから出荷されます。3種類のホップ、6種類のハーブとスパイスがこのクリスマスビールの特徴的な味わいを造り上げています。

評価 2.23

14世紀のレシピに基づいて造られた琥珀色なビール。姉妹商品のクラシックとトリプルのように、ベルギー産のホップのみが使われており、フルーティーで奥深さを感じさせる味わいが特徴。
(輸入元: 小西酒造株式会社より)

評価 0

5種類のホップが使用され、ホップアロマを最大に与える。マイルドでフルボディーながら、苦味のある後味が長く続くソフトでビターな味わいのビール。
(輸入元: 小西酒造株式会社より)

評価 2.45

へット・アンケル醸造所が昔ながらの製法で今日に至るまで醸造している逸品。厳選されたベルギー産のホップのみを使い、深い味わいと絶妙なホップの風味が奏でる豊かな香りが特徴。
(輸入元: 小西酒造株式会社より)

評価 0

ソフトな口当たりで、しかもワインのような温かみとしっかりとしたボディを兼ね備えたビール。1471年以来この地で醸造し、神聖ローマ帝国皇帝カール5世にこよなく愛されたという伝統あるヘット・アンケル醸造所の代表作。
(輸入元: 小西酒造株式会社より)
ありがとう、うしとらブルワリー1周年!
おかげ様でうしとらブルワリーは初リリースから1年を迎えることができました。
一重にビールをお飲みいただいた皆様のお陰です。ありがとうございます。
1周年を記念して、以前ビアバーうしとらのハウスエールとして作られていたビールを復刻しました。
スタイルはブラックIPA。ややどっしりとした口当たりに強めのロースト感、そしてホップの鮮烈なアロマ。
記憶を辿り、以前作られていたファースト・インパクトを限りなく忠実に再現してみました。
これからもうしとらブルワリーをどうぞよろしくお願いいたします。
(BEER TRANSPORTERより)
今までIPAから作り方を大きく変えました。
ひたすらにドライに仕上げるスタイルから、ややボディを強めに仕上げ、バランスをとるように調整してみました。
一口にIPAといっても、ブルワリーによってテイストは様々です。
今までのうしとらですととにかくドライに仕上げるのが得意だったのですが
今回は原点回帰ということで、とにかくベーシックな作りに徹しています。
そのため突出した特徴というものはないのですが、これぞ王道と言えるようなアメリカンIPAらしいIPAです。
ただ、いつも通りホップのアロマ、フレーバーはたっぷりと乗っております。柑橘全開です。
残糖の違いによるフレーバーやボディの感じ方、そしてドリンカビリティなどなど
いつものドライなIPAと比較してみると面白いかもしれません。
え?ビール名の意味ですか?いやーRの付く英単語って、たくさんありますよねぇ・・・。
Resetとか、Responseとかとかとか、そんな感じです。
(BEER TRANSPORTERより)
うしとらのハウスエール、セカンド・インパクトを再醸造です。
前回発売した際には一瞬にして売り切れてしまい、ハウスエールのはずがうしとらに殆どつながらなかったビールです。
また多くのお客様にご注文頂いたにも関わらず、売り切れのご報告をせねばならず大変申し訳ございませんでした。
レシピの大きな変更はありませんが、全体のバランスの見直し、アルコール度数の調整など微調整を行っています。
パイナップル、シトラスなどを連想させるフルーティな香りと、ハーバルなアロマがマッチして
ハイドリンカブルながら単調ではない奥行きを感じさせます。
今回も即完売が予想されますので、ご注文はお早めにどうぞ!(BEER TRANSPORTERより)

評価 0

湘南ビールさんとのコラボビール第2弾です。
前回は湘南ビールさんの設備でセッションブラックセゾンを作りました。今回は白いビールです。
2社コラボのはずが、仕込みの際には某社や某社の若手ブルワーが勢揃いし、みんなでワイワイガヤガヤしながら仕込みました。
「水の化学式ってH2O2だっけ???」とか言っちゃう学の無い連中で仕込んだことがビール名の由来です。
低アルコールながら小麦由来の柔らかな口当たりと、ダブルIPA並みに贅沢にホップを使用し豪華なフレーバーを醸し出しています。
グレープフルーツを丸かじりしたような柑橘感と、セゾン酵母由来のスパイシーでフルーティなフレーバーがマッチし
ドリンカビリティは高いものの、ペラくないしっかりとした飲み応えがあります。
レシピは完全に湘南ビールの筒井君にお任せしたので、植竹レシピではありません。
レシピは筒井、設備はうしとら、仕込むのは植竹だと、仕上がりのテイストはどうなるでしょう・・・??
それは飲んでのお楽しみです!
(BEER TRANSPORTERより)
久々に作りました。
定番のないうしとらブルワリーですが、まほろばウィートシリーズは4バッチ目です。
造るたびにご好評いただいております。定番化は無理ですが準定番のような扱いにしてゆきたいと思っています。
小麦の柔らかな口当たりと、グレープフルーツを連想されるジューシーなアロマ、クリーンでドライな飲み口は苦いビールが苦手な方から、ホップ大好きなホップヘッズまで満足いただける仕上がりです。
4バッチ目だけあって完成度が上がってきました。
自信アリのテイストです。
(BEER TRANSPORTERより)
フレーバーは、深く、幾層にも重なる小麦麦芽の複雑さと、クリーンでキレのあるホップの個性が特徴的。フィニッシュは熱く、甘い余韻が心地いい。
(オフィシャルサイトより)

詳細スタイル: ウィートワイン
優雅なほんのりとした甘さと、洗練された複雑なフレーバーも感じさせる、これぞ秋の味!
(オフィシャルサイトより)
リッチなモルトの風味と、ふくよかでソフトなボディ。
フィニッシュはクリーンでスムーズ。
(オフィシャルサイトより)

評価 2.91

キリン2号とは、キリンビールが実験的に開発している国産のホップの種類。
幸いにもキリンスプリングバレーから少し提供いただいたので、 試しに使ってみることにした。
その結果、刺激的でフルーティなストロングペールエールだが、丸みやソフトさ、バランスも持ち合わせたおいしいビールに仕上がった。
(オフィシャルサイトより)
英国産のモルト、ドイツ産のホップ、ベルギー産の酵母という、最強の組み合わせのIPA。
しっかりとしたモルトフレーバーを持つ英国産の大麦と小麦、それをピリッと刺激的な香りと苦みを持つ数種類の新種のドイツ産ホップと組み合わせ、スパイシーでフェノリックな個性を持つベルギー酵母で発酵させた。このIPAは、まさに良い所取り!の一言に尽きる。
(オフィシャルサイトより)

評価 2.3

ランキング
217
スタイル
ABV
5%
国産のフレッシュな信州早生ホップと、4種類の最高品質の英国産モルト組み合わせた、すばらしい自然の恵みのエール。
フレッシュなハーブやお花のようなホップの個性と、丸みのある繊細なモルトの甘みが完璧なハーモニー。
(オフィシャルサイトより)
123456789

beer365 magazine

人気のビールをチェック!ビールランキング

キーワードでビール・醸造所を検索!

飲んでみよう!
beer365 本日のビール

beer365に掲載されているクラフトビールを制覇しよう!このビールを見かけたら一度飲んでみて!

ベルビュー クリーク

チェリーを使用した非常にフルーティーなビール。

beer365 コラム

beer365magazine(ビアサンロクゴマガジン)について

beer365magazine(ビアサンロクゴマガジン)について

「beer365」は、ビールの情報発信を通して、日本のビール文化のさらなる発展と向上を目指すウェブサイトです。...